©2019 by Hidamari Dental Clinic created with Wix.com

    • Facebook

    矯正歯科

    悪い歯並びは、むし歯や歯周病の原因になるばかりなく、発音にも影響を及ぼすことがあります。

     

    また、顎の関節に負担がかかり顎関節症の原因になったり、成長期のお子さんでは顔の歪みを引き起こす場合もあります。

    矯正治療とは

    • 矯正治療とは、矯正装置を使ってゆっくりと歯を動かし、上下の歯並びを整え、正常な咬み合わせにする治療です。

    • 歯並びをきれいにすることでブラッシングがし易くなり、むし歯予防や歯周病予防に効果的です。

    • さらに、しっかり食物を咀嚼できるようになり、発音も改善します。

    • お子さまだけでなく、成人の方も矯正治療を希望されることが多くなってきています。

     

    歯並びで気になることがありましたなら、遠慮なくご相談下さい。

    症例によっては、大学病院や専門医に依頼することがあります。

    症例1

    永久歯が生えるスペースが不足なため

    クラウディング(乱ぐい状態)

    矯正治療によりほぼ配列が終了した状態

    症例2

    左右の側切歯が原因で下あごが右に

    ずれている状態

    治療中。側切歯の被蓋が改善し、

    下あごが本来の位置に移動中

    治療終了。保定中(後戻りを起こさ

    ないようにスプリント使用)

    小学生低学年頃までに使用する様々な装置

    保隙バンドループ
     乳歯が早期になくなった時の保隙装置

    (永久歯が萌えるスペースを確保)

    保隙リンガルアーチ

     6才臼歯が手前に倒れてこない

     ようにする保隙装置

    切歯斜面板

     上顎の前歯が内側に萌えてきた時の

     床タイプの矯正装置